起業の決心 その6

起業するぞ、という意気込みをつらつらと書いているが、
別にやるやる詐欺ではない。
実は、一昨日、有給休暇を取り、個人事業主の申請を済ませている。

開業日は、自身の誕生日と合わせているので、もう少し後。
本格的には、占い師さんにも見てもらって、来年スタート。

家族や親戚の反応はどうなのか、という点でいうと、
妻は、これから安定な収入があるかどうかの不安はあるものの今のところ賛成。
7つの習慣の話をした際には「プロアクティブ」という話で妙に目を輝かせ、
ニキビを治すそっちの話じゃねぇー!

IT業界でよくある何人月・何人日という労働力の考え方が、前から違和感あった。
例えば1人でやったら100日かかる仕事が「100人日」という数え方だが、
だからといって、100人投入したら1日で終わるかというと、そんなことはもちろん無い。

2人でやって50日で終われば上出来で、普通は、まあきっと80日くらいになるのかな?
しかし、一般的に会社では「相乗効果で1+1=2でなく3となるよう工夫しろ」と言うことで、
50日以内を求められたりもする。

かと言って、これに変わるいい労働力の管理の仕方があるかというと思いつかない。
ただし、知的生産物を作る上での
「時間のかかるものは、どうやっても時間がかかる」という感覚に対して、
人海戦術でなんとか期間を短縮しようというアプローチは、
技術の進歩が早い昨今では、そろそろ限界だと思っている。







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

起業の決心 その17(人月の神話)
Excerpt: 何人月・何人日という労働力の考え方に 違和感がある、と以前書いた。 http://temocompany.seesaa.net/article/441401139.html 同じことは、『人月の神話..
Weblog: アイツの不可逆曲線
Tracked: 2017-03-22 11:15