起業の決心 その11

今日は、起業の決心を後押しした本の紹介。
・僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語
・僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

どちらもICHIROYAさんの本。
1つ目の本は、起業したらどんなことが待ち受けているかがわかる。

2つ目の本の「後悔」とは、「会社を辞めなきゃ良かった」という意味ではない。
もし会社人として今後も生活していくなら気をつけるべき事が書いてある。

「勤めている間はこういう風にしておけば良かった」、あるいは、
それが出来ない・日本の会社のそんな風潮が納得いかない、というのであれば、
「もっと早く辞めるべきだった」という意味になる。


僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと
和田一郎
バジリコ
売り上げランキング: 18,373

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック