デスマーチ回避の検討(その5)

前回「承認欲求」という言葉を使った。

これはあまりコジらせると厄介ではあるが、
開発部は、営業部などより潜在意識的に、
格下に見られるということも関係している。

例えば、開発部に所属していると、
平均的に言っても、営業部よりも出世、
つまり上の役職に就くのが遅い、という感じだ。

それは出世したいのかどうか? という問題よりも、
・単純に給料の多い少ない
・同窓会などで他人に名刺を配る際に気まずい
といった点で、そういう配慮が会社としてあるかどうかだ。

あまつさえ開発部の中で、そのトップ近辺の人たちも
技術については聞きかじった上澄みだけで、
「詳しいことは判らない、というか、知らなくても良い。
そういうことは専門家に任せておけばいいや!」
という態度すら感じ取れるケースがある。

パッケージソフトを作っているITの会社ですら、
現実はそうなのだ。

こんな現状で、
「どうして日本からは、グーグルや、アップル、
 フェイスブックのような企業が出ないのだろう?」
とかいう言葉が世間では出るのだから、ちゃんちゃらオカしい!



ちなみに嫁にこのブログのことをバラしたら、
・写真が無いとつまらん
・起業する前からそんなに熱く語ってどうする?
というフィードバックを得たので、
ちょっと次回からしばらく趣向を変えようかと思う。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック