我が家の未来ガジェット その12(タッチセンサーライト)

家で使っているタッチセンサーライト



枕元に置いておけば、真っ暗で見えない中、
スイッチをあれこれ探す手間なく、
大雑把に触れば点く。

そのため、子供が生まれた直後、
夜中に子供が泣いた時には特に重宝した。

触れっぱなしにすると、
明るさ調節もできるが、ちょっと慣れが必要。

点いた直後はMAXの明るさであり、かなり明るい。

製品としては正しい動作なのだろうけど、
赤ん坊相手には、眩しすぎる。

明るさはダイヤル式のスイッチで設定できたらなぁ、
と何度も思ったものだが、
仮に、以下のような動作だと、
商品コンセプトとしてはチグハグだ。
・明るさにはスイッチがある
・点灯のON/OFFはスイッチがない(タッチでやる)

でもその時の用途としては欲しかったのだから、
ニッチなニーズを満たすというのは、なかなか難しい。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック