ブラック企業回避の検討(その2)

神田昌典さんの本で、
「目標は紙に書くと実現する」
というものがあるが、その中で
「やりたくないものも書き出す」
というものもある。

私も実践済みなのだが、
その中で以下のものもある。
・満員電車に乗りたくない
・トイレの個室を待ちたくない
・開発業なので、ネクタイを締めたくない

会社の業務とは直接関係ないじゃん、
という意見もあろう。

しかし一方で、上記のような
フラストレーションが長く続くと、
確実に心は蝕まれていくのだと思っている。

例えば会社に40年間勤めるとして、
ずっと毎日、満員電車に揺られ続ける!?
もう21世紀だって言うのに! という気持ちだ。

もちろんラッシュ時を避け、
朝はやく出勤するというのも
個人で行う回避方法の1つ。

業務を開始するまでに
社員の気分を良い状態にすることを
会社側も意識することも重要だ。

私の会社でも気を付けていきたい。
・・・って、当分、社員は自分ひとりだった!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック