退職・起業の注意 その2(確定申告)

個人事業主であれ、
開業していると確定申告が必要となる。

確定申告とは、2/16〜3/15の期間に
前年度(1/1〜12/31)の所得や
税金の計算をするやつだ。

事業であまりにも収入が出ていない場合は、
しなくても良いことになっている。
しかし、結論から言うと、それであっても、
「手間だけど、しておいた方がお得」

納税額が減るか、お金が戻ってくるか、だからだ。

以下だいたいこんな感じ。
(※勉強中なので、間違いもあるかもしれない)

  • 赤字の場合、その損失分を翌年に繰り越すことができる。

  • 1年分のトータルの「収入」「所得」(*1)をもとに計算する。
    つまり、年の途中で退職して起業や、または兼業している場合も、会社からの「給与」+ 副業からの「事業所得」とも含め、計算する。

  • 会社で年末調整していても、確定申告して大丈夫。

  • 株・FXで負けている場合や、または特定口座で全勝していない限り、すると良い。

  • ふるさと納税や母校への寄付などをした場合も、すると良い。


(*1)「収入」と「所得」等の違いは、以下の通りだ。

syotoku.png

事業の「所得」は、売上から「事業に必要な経費」を差し引いて求める。

事業と関係ない個人の支出は、経費に含めてはいけない。
・・・よくよく考えれば当たり前だが、
「収入」はすべて漏らさず集計する一方で、
支出はすべての集計とならないため、
やっていくうちに混乱しだす。

さらに、たとえば「健康保険料」は、
個人の分であるため、事業の「経費」にならない。
ただし、「課税所得」を求める際の
「所得」から差し引く分の金額にはなる。

こういったことを、事業が本格化する前に、
今年のうちに知ることができたのは、
大きな収穫だった。

もし仮に、来年の今頃になってこれらを初めて知り、
後から領収書をかき集めたり、
どれが何に含まれるのか、
アレコレ悩むとしたら、鬼だ。

そして、前回書いたとおり、
昨年度から自身がもう副業扱いで
失業保険がもらえないのであれば、
その一方で、昨年度の支出のうち、
事業準備で買ったPC機器などは、経費となる。

また、自宅を仕事場に使っている場合は、
自宅の光熱費の一部を、事業の光熱費として経費にできる。

その割合は、基本的に、仕事場/自宅の面積比で計算し、
かつ、この割合を、毎年ころころ変えたりもしない。

うん、つまり去年、ほとんど個人事業主として
実質的な活動をしていなくても、
開業日以降の光熱費の一部も経費として計上。

あー、副業扱いである以上、これは仕方ないなぁ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック