我が家のビットコイン(1BTC = 100万円突破)

ここらへんの続き。
無事、1BTC(ビットコイン)が100万円を突破し、なにより。

BTCを訝しげに思う方々は「BTCに実態が無い」とか言うが、
そんなことはない。

将来的に全世界共通の貨幣として使えるのかな、
という期待だけでも、まずワクワクするところ。

だいたいインターネットが出たときも、スマホが出たときも、
「そんなの使わなくても生きていけるし、やっていけるじゃん!」
と懐疑的な人々はいつも言っていたのだけど、それが今や、どうだ!?

もちろん、他にも改ざんしにくい仕組みや、
ブロックチェーンを証明書代わりに使える点など、
素晴らしい技術が盛り込まれていて、
そんな「未来の技術に対する信頼性」
それを自分は高く評価し買っている。

とはいえ、投機的側面
(それでも機能に対して価格が行き過ぎているとは思っていないが)
や、匿名性の悪用など、
人々が気にする箇所も確かに理解できるので、
何事も一側面だけ見て決めつけてはいけない。

ITを使いこなす人⇔使わない人との格差、
いわゆるデジタルデバイドの真の原因は、
「人間は自分の見たいものしか見ない」
というところにある。

そのため、例えばスマホを未だに使わない大人とか、
今更どうなろうと知ったこっちゃない。

BTCについては、もし懸念している点があれば、
それが本当に自分にとってリスクなのか調べて判断し、
よく納得した上で、
ファーストペンギンになりたければ、
いち早く飛び込むもよし、といったところか。

一方、自分の子供など、若い人々については、
未来の技術に触れるチャンスや、
それを容易に使いこなせる仕組みを
なるべくたくさん与えたいとは思う。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


この記事へのコメント