我が家のビットコイン(Coincheckや取引所の話)

ここらへんの続き。

その後、昨年末に1BTC(ビットコイン)が200万円を突破したものの、
今は120万円台と、ちょっとションボリ。

いや、そんなことよりCoincheck(コインチェック)だ。

仮想通貨を失うことをMt.GOXになぞらえてGOX(ゴックス)、
例えば、自分のミスで仮想通貨が取り出せなくなったら、
セルフGOXとか呼ばれていたのが、
今では、ccる、出川る、COX等、
呼ばれててハッハッハ・・・ワロエナイ。

まあ、このブログや他人には、オススメの取引所に
bitFlyerZaifしか薦めなかったのが、幸いか。

ただし、私自身はXRP(Ripple)を買うためだけに、
Coincheckにも口座を開いていたので、
他より少額ではあるが、今のところ、それが取り出せなくなっている。

もともとCoincheckをいま一つ信用していなかったのは、
あくまで個人的な感想だが、昨年の最初のBTC暴落時に
ユーザーへの対応があまり良くないと感じたから。
(その頃は口座を開いていなかったが)

まあ、詳しくは書くまい。

せっかくなので、他の取引所の印象も書いておく。

・Zaif
私がメインで使っているところ。
取引手数料が安く、画面が見やすい印象。
(「簡単売買」の方は使わず、「取引」の方で)

持ってる通貨は、「主要通貨」「COMSA」のところの全種類。
「トークン」のところは、主にZAIFとPEPECASH。
「ZAIFトークン」は略して「ザフト」と呼ばれ、ガンダムSEEDのあれだ!

他、昔は『mijinの勾魂(まがたま)』といった謎イベントもやってて
(今でもZaifのページの下の方にリンクがある)、
ポケモンGOの仮想通貨版なのかな? とか思いつつ、よく知らない。

夜遅くの暴落時など、サーバーが重くなって、注文が通らないことがある。
ただ、注文が通らなかったがために、
結局買わなくて助かったケースも多々あるので、
基本そういうときは手出ししないに限ると決めている。
(半分は、次に触れるサーキットブレーカーも発動してると思っている)

明け方は、サクサク軽いよ!

・bitFlyer
基本、分散して置きっぱにしているところ。
ユーザー間での売買(=Zaifで言う「取引」にあたる方)は、
「bitFlyer Lightning」という玄人向けの画面しかなく・・・
と思ったら、今は、いつの間にか取引所の画面もあったか。

「販売所」の方(=Zaifの「簡単売買」に相当)は、
bitFlyerとの売買になって手数料高めなので、
基本的には使わない感じ。

あと、Lightningの方でできるBTCのFXは、
悪い意味でロスカットされにくく、
ダメな時はすべてしゃぶり尽くされそうで、注意。
私はもう手を出すつもり無し。

ここには急激な価格変動時には、株式などと同様に、
サーキットブレーカーという取引を止める仕組みもあるが、
昨年これが導入された直後にBTCの大暴落があり、
「絶対、波乱が起こると知ってただろう!?」と、
ちょっと私はプンスカしている。

なにしろbitFlyer社長の前職は、ゴールドマン・サックスなのだから。

とはいえ最大手だし、
MONAなど取り扱う通貨も徐々に増えているので、
利用している。

今年、またさらに扱う通貨が増えるそうだが、
どれになるのか、ちょっとワクワク。

日本人好みな通貨に対応するなら、
NEM(XEM)かRippleか、あるいはその両方かと睨んでいるけど、
別に私は仮想通貨通でも預言者でもないんで、
出てからのお楽しみということで。

NEMはカタパルトという、
通貨側でのバージョンアップも控えているそうなので、
今年は結構、注目株なのではないかな。
(Coincheckで狙われたのも納得? とか言うと、
 またウワアアアとなるので、それは言わないで。)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この記事へのコメント