我が家のビットコイン(その後、および、近頃の暴落)

結論から言うと、仮想通貨へは当分は投資しないかも知れない。

最近の当時状況はというと、
年初にいったん9割以上を現金化したが、
ビットコイン(BTC)の価格が上昇するにつれて、
またいくつか購入したりしていた。

途中からはアルトコインがあまり上昇しない中、
BTCだけが上下するのを不安要素いっぱいで眺めていた。
そして、昨日までの暴落。多少含み益を飛ばしてしまった。

儲かっているかどうかも大事ではあるけども、
まあそれは二の次。

結局、仮想通貨業界にいろんな人が入ってきて、
不祥事やら人道的でないことやら
頻繁におこるようになってしまった。

アイドルの追っかけよろしく(したことないが)、
将来性を期待して仮想通貨を陰ながら応援していたのに、
非常に汚された気分。

いくつか挙げよう。

・coincheck事件
 ご存知、アルトコインのNEM580億円分が盗まれた事件。
 仮想通貨のブロックチェーンがどんなに堅牢で改ざん不可であっても、
 コンピューターにハッキングされ鍵を盗まれればダメ。
 セキュリティの最弱部分を突かれれば何でも一緒だ。

 取引所で顧客の資金をちゃんと管理しているか、
 という問題点も露呈した。

・Zaifで「20億BTC(2200兆円分)のビットコイン」の注文が出現事件
 バグで「ゼロ円でビットコインが買える」状態だった模様。
 確かクレジットカードでの購入を禁止したはずなのに、
 それを選んでいくと0円で購入できたことのようで、
 残念ながら(?)私はそんな裏ワザの恩恵に預かれなかった。

 仮にできたとしても、BTCの総数は2100万BTCで、
 システム上だけの数字だけの話なのだが、
 実物と紐付いていないという点で、
 J-COM株の誤発注事件も連想される。

 でも不謹慎ながら私はなんか笑ってしまった。

・Mt.Goxの破産管財人によるBTC大量売り
 最近ホット。継続中? これやべえ!
 
 概略。
 2014年に「BTCが盗まれた!」と言ってMt.GOXが破産。
 →(そもそも盗まれたのは狂言で、手元にBTCはあった)
 → 顧客のBTCが引き出せない!
 → 利用者たち「オレのBTC返せ!」
 → Mt.GOX「当時の値段(1BTC = 500ドル)で現金で返すことに裁判で決まったからね。」
 → Mt.GOX「残りの1000億円分は、取引所の再建に当てるんで、
  管財人=弁護士が市場で売って、現金にするね。」
 → 実は昨年後半から今まで何度か大量に売っていてて、そのたびに大暴落。

 少なくとも12月〜2月までの暴落日と一致しており、
 アメリカでもすでにお尋ね者状態。
 https://www.zerohedge.com/news/2018-03-07/bitcoins-tokyo-whale-sells-400m-bitcoin-bitcoin-cash
 (英語は読めなくても、図だけ見てもわかる)

 ちなみにあと16万BTC残っているようで、
 1回あたり約6000BTCずつの単位で売るとすると、
 あと26回の暴落の覚悟が必要?
 (※3/6(金)時点で、36000弱のBTC(382億円相当)を売った模様?)


最後の点については、
確かに最近おかしな売り方があり、変だと思った。

普通、手持ちのBTCを売るとなると、
なるべく高く売ろうとするために、
値崩れしないよう少しずつ切り崩し指値で売る。

例えば、12月上旬のある取引所では、
210万円で10BTCが指値で売りに出され、
誰かが買ってそれがなくなると、また次の10BTCが売り板に出現する。

そうなると、210万円より上の値段では約定しないので、
「210万円を絶対超えさせないマン」などと
取引所のチャットで囁かれたりする。

でも大暴落が発生してからの大量売りは違った。
成行売りで値段がガンガン下がってもお構いなし。
そんなに自分で値段を下げながら売ってどうすんだよ!?

もっとも、先物取引が開始されて、現物が下落しても、
先物側で仕掛けておけば利益を生み出せることも影響している。


仮想通貨が「将来、生活を便利にしてくれる」と
いう期待や長期的な視点もなく、
短期的な目先の利益のみで、
盗まれただの大量売りだのと事件を発生させる人がいる。
そういうことで仮想通貨の不信感が増すのが非常にやるせない。

しかも仮想通貨はワールドワイドなのに、ここ最近、
主に日本人の不祥事で暴落しているところがまた恥ずかしい。


なお、金融や投資対象という面で見ると、
もう仮想通貨はホールドしてれば値段が上がり続け、
寝てるだけでどんどん儲かるというものではなく、
すでに値段が上下に動く商品となってしまった。

あれ!?
だったら投資は仮想通貨じゃなくて、
株とかFXとかでいいんじゃね?
インサイダー禁止とか法整備の面でも、税制の面でも。

そんなわけで仮想通貨とはしばらくオサラバ。
→「おう、また明日な」?

この記事へのコメント