仮想通貨マイニングの実験

一度は試してみたいと思っていた。
仮想通貨のマイニング実験を実行。

マイニングとは、ネットワーク上の誰かの決済処理を
自分のPCで計算してあげる代わりに、少し報酬をもらうもの。

当然、ざっくり言うとマシンパワーが良いほど、報酬も良い。

このために、CPUがAMDのRyzen7のノートPCを購入していた。
Lenovo Ideapad 720Sというもの。

なぜこれを選んだかというと、
・電力はソーラーパネルのものを流用したいため、
 モバイルバッテリーからの給電や、直流電源をそのまま使用したい
 → ノートPCで。
・RyzenがCPUマイニングに優れている
・買った当時(2018年3月頃)、割引がきいてて15万→10万ちょいくらい?

で、やってみた結果が以下。

nicehash_s.png

NiceHashというソフトで1日あたり0.05USD。(約7円)

マイニングできるということはわかったが、
最近はマイニングの難易度も上がっていることもあり、
う〜ん、なかなか厳しい結果。

とは言え、設備投資額と比較するなら、まずまず。
100万円つまり10台用意すれば、毎日、缶ジュース1杯分程度。
マイニング専用マシンを組み立てたるのと、対して変わらない?

仮に、本格的に今後もやる場合、
常にフル稼働のままでは、やはりPCも傷むし、
熱対策など考えていかないといけない。

今は現実的でないということから、マイニング計画は断念。
このPCはアプリ制作やゲーム向けに流用していこう。


この記事へのコメント