デスマーチ回避の検討(その7)

2016/12/02 13:14
世間で、なぜブラック企業が叩かれるかというと、 それが社会の敵だとみなされるからだろう。 そもそも会社の存在意義とは、 それが「社会に貢献するもの」であること。 (この言葉にはちょっと欺瞞もあるかも知れないが、  それは今回、置いておこう。) では、会社人は、社会や顧客のために貢献できるなら、 自分の幸せを犠牲にしてでも、 身を粉にして働くべきなのか? というと、 それは、世間の反応として「違う」ということになる。 マザー・テレサの言葉。 ..

続きを読む

デスマーチ回避の検討(その6)

2016/12/01 13:08
「スケジュール駆動開発」という言葉がある。 後ろに(笑)とかwwwwwwとか付くことも。 詳細はググってくれ! というところだが、 そうでなくても、この名前だけで予測がつく。 最初に納期あり、と神が言い、 そこに間に合わせるように逆算し、 スケジュールが組まれていく。 スケジュールに間に合わないと死亡。 ただし、間に合わせるために血反吐を吐くようだと、結局死亡。 販売戦略とか、営業的な関係で、 日にちのリミットを決めるケースも出てくる心情は..

続きを読む

デスマーチ回避の検討(その5)

2016/09/25 20:21
前回「承認欲求」という言葉を使った。 これはあまりコジらせると厄介ではあるが、 開発部は、営業部などより潜在意識的に、 格下に見られるということも関係している。 例えば、開発部に所属していると、 平均的に言っても、営業部よりも出世、 つまり上の役職に就くのが遅い、という感じだ。 それは出世したいのかどうか? という問題よりも、 ・単純に給料の多い少ない ・同窓会などで他人に名刺を配る際に気まずい といった点で、そういう配慮が会社としてあるかどう..

続きを読む

デスマーチ回避の検討(その4)

2016/09/21 14:24
異動前のチームでは、サブリーダー、 つまり、中堅どころのメンバーで集まり、 業務改善などを図るミーティングを月一でしている。 異動後の私も、前回のやりかけの内容があるから、 という理由を付けて、引き続き昨日参加した。 この試みもまだ初めて1年も経っていないが、 社内のモヤモヤしていた潜在的な問題点をクリアにし、 長期的視点で解決を図る点で、精神衛生的にも良い。 他のミーティングと異なり、和気藹々でもある。 この手のミーティング実施にOKが出たのも..

続きを読む

デスマーチ回避の検討(その2)

2016/09/16 12:48
ITの仕事でスピーディーに事が運ぶためには、 上司や相談役たるもの、技術に精通しているに限る。 例えば、妻から「クラウドって何?」って訊かれて、 もし概念だけの説明であれば、 「撮った写真をインターネット上で友達に  公開できるサービスがあるだろ?  あれだよ、あれ!」と言って済ませられる。 しかし、仕事上で報告・相談する話は、 そもそも複雑に混みいった話となるため、 そういう概念や喩え話だけで語るのは、難しい。 「専門家は難しい言葉ばかり使い..

続きを読む

デスマーチ回避の検討(その1?)

2016/09/15 12:49
都市伝説なのか本当なのか、某銀行の次期システム開発が デスマーチプロジェクトだとかなんとか。 かくいう今の職場も、あまり他人事ではない。 もちろんさすがに徹夜もなければ、 1次請け・2次請けといったこともないが、 納期に向けて、毎晩遅くまで仕事が続いているのが現実だ。 デスマ指標の1つとして、家で7時間睡眠を取れているか、 (=そもそもそれだけの時間、家に滞在しているか) というのがあるそうな。へ~。 某銀行のデスマ原因に挙げられている事の1つで..

続きを読む

もっと見る